【九星気学】凶方位の調べ方 種類と影響 凶方位を見つけよう!

皆さま、こんにちは。
若美貴桜です。

 

「凶方位」と聞くと、何やら恐ろしくなりますよね。
「凶」っていったい何?!( ゚Д゚) という感じで。

 

この「気学風水」は、
悪い影響を受ける「凶方位」を避け、
良い影響を受ける「吉方位」を
積極的に取り入れて運を良くしていく開運法なんです。

 

では凶方位を避けるためにはどうしたらよいのでしょう?

それは、まずは「凶方位を知ること」です。

 

知らなければ、凶方位に向かってしまうことも起きますので、
正確に割り出すことができるようになっておきましょう!

 

凶方位の影響

 

引っ越しや旅行、買い物やデートなど、
凶方位に向かって何か行動したときに、
悪影響や悪い結果を招いてしまう方位のことです。

 

凶方位がどの方向であるか意識し、
その方向に移動しないように、
いつも十分に注意を払う必要があります。

 

凶方位の怖いところは、
その影響がすぐに表れるとは限らないところです。

 

例えば、凶方位に引っ越してしまった場合、
知らず知らずに、少しずつ悪影響を受け続け、

引っ越しから何年も経ってから、
大きな悪い結果が表れたりします。

 

よくあるのが、
引っ越しから何年も経った後なので、
当事者が「引っ越しが原因」と思い当たりにくく、
原因が分からずに悩み続けることがあります。

 

まずは、何はともあれ、
「凶方位に移動しない」ことがとても大事なのです。

 

共通する凶方位と個人の凶方位

 

すべての人に共通する凶方位には、
以下の6つがあります。

万人共通の凶方位
  • 五黄殺(五黄殺気)
  • 暗剣殺(悪殺気)
  • 水火殺
  • 歳破
  • 月破
  • 日破

※五黄殺と暗剣殺は、凶方位の中でも特に強く作用するので「二大凶方位」と呼びます。

 

五黄土星が運行する「五黄殺」

五黄殺の反対側に当たる「暗剣殺」

五行の水と火の相剋関係から生じる「水火殺」

その年・月・日の十二支の反対側に当たる「歳破」「月破」「日破」

があります。

 

また、その人個人にだけ作用する凶方位も、
6つあります。

個人の凶方位
本命殺(生年の精気殺)
月命殺(生月の精気殺)
本命的殺(生年の対気殺)
月命的殺(生月の対気殺)
小児殺
相剋方位

 

その人にだけ作用する凶方位は、

本命や月命の九星が運行する「本命殺」「月命殺」

本命殺の反対側に当たる「本命的殺」「月命的殺」

子供だけに作用する「小児殺」

本命や月命の九星と相剋関係にある九星が運行する「相剋方位」

があります。

 

中でも、強く悪い影響を及ぼすのが「五黄殺」と「暗剣殺」で、
これらを「二大凶方位」と言います。

二大凶方位には、特に気をつけなければなりません。

 

それではまた!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事