【姓名判断】1~9の数理の意味 画数は末尾の数が重要 気は末尾に宿る

【姓名判断】1~9の数理の意味 画数は末尾の数が重要 気は末尾に宿る

 

 

こんにちは、若美貴櫻です。

 

姓名判断=画数ということが定着しているように感じます。

画数も確かに大事な要素です。

 

 

ビジネスネームや赤ちゃんのお名前考えるときに、
漢字の画数を見ている人が多いけど、数には意味があるの?

 

 

画数の数には意味があります。

今回は、姓名判断における「数理の意味」についてお伝えしていきます。

 

 

この記事を読むと…
  • 姓名判断における1~9の数理の意味が分かるようになります。
  • 姓名判断における1~81画までの画数の意味が分かるようになります。

 

 

数理の基本

 

 

数は量(アナログ)ではなくデジタルで見ます。

気は末尾に宿るとされるため、末尾が基本となります。

 

 

 

幼数
重複 中央
老数
弥(発展) ゼロ
方位 西 中央
一白 九紫 三碧、四緑 六白、七赤 二黒、五黄、八白

 

 

 

【1】 の意味

 

 

1は陽。始まりを表します。

「初」は、スタート、1番を意味するので、「吉」の意味があります。

 

11, 21, 31, 41, 51, 61, 71, 81

→ すべて良い意味を表します。

 

 

【2】の意味

 

2は1+1 陽+陽だから繰り返し、という意味があります。

繰り返し「復」は、苦労を意味するので「凶」を表します。

 

12, 22, 42, 52, 62, 72
→ 全て悪い意味を表します。

32だけ3(産)の意味が出るので、良い意味になります。

 

 

【3】の意味

 

幼数の中心。

3は、1+2 陽+陰に分解でき、

「産まれる」「産」という意味で「吉」となります。

 

13, 23, 33, 43, 53, 63, 73

→ すべてにおいて、「産」の意味が強く出る吉数です。

 

 

【4】の意味

 

4は、2+2、または1+3に分解できます。

 

「重複」の意味があります。

2+2なら苦労が2つ重なるから凶の意味が出てきます。

1+3なら1番や3(産)の意味が出てきます。

 

24画は1+3の良い意味が出ますが、それ以外は凶となります。

 

 

【5】の意味

 

5は「中心」「中央」を表します。

「吉」の意味があります。

15, 25, 35, 45, 55, 65, 75

→ すべて吉数となります。

 

 

【6】の意味

 

 

  • 3+3
  • 1+5
  • 2+4

に分解できます。

 

「労」は苦労の労を示します。

リーダーシップはあるけれど、苦労は人一倍という意味があります。

 

16画は1番とか統率力を意味し、吉数となります。

26, 36, 46 ,56, 66, 76

→ 16以外、すべて要注意です。

 

 

【7】の意味

 

 

  • 3(幼数の中央)+4
  • 2+5(中央)

 

必ず中央が入るので、中央をつかむ数字といわれています。

運勢強く、「独立」を表します。

時に独断に走ることもあるけれど、非常に強い数字です。

2と4は、必ず陰を含むから凶に触れると凶の意味が出ます。

 

17, 27, 37, 47, 57, 67, 77

→ すべて吉数となります。

 

 

【8】の意味

 

 

  • 3の裏、老数の中心
  • 4+4=重複+重複 (凶)
  • 3+5=産(幼数中央)+中央(全体中央)(大吉)
  • 8は「弥」=「発展」または「嫌」

 

以上のように、「8」は、複数に分解できます。

 

  • 18=一番発展
  • 28=苦労の意味。代表的に気を付けたい数字
  • 38=発展によって産まれる
  • 48=発展が繰り返す

 

など、28以外は総じて吉~大吉数となります。

 

 

【9】の意味

 

9は一番大きい数字、高いところにいる数字なので「極」を意味します。

不安定や孤独、一生懸命頑張っているが結果が出にくいなど、

凶数となります。

 

同じ9でも、29画・39画は一転してよい意味が出てきます。

 

 

【0】 の意味

 

0は何もない、何も残さない意。

良いも悪いもない。

悪い数ではないが、20画は凶。

 

 

姓名判断でおすすめの漢和辞典

 

以下の3つをおすすめしております。
 
 

1,平凡社「人名字解」


 

2,平凡社「常用字解」


 

3,平凡社「字通」


以上の中では、3,「字通」がおすすめです。

私が鑑定や選名で実際に使っているものです。

 

少しお値段が張り、かなり分厚いものになりますが、

とても詳しくて勉強になるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事