・PR

【マヤ暦-今日はどんな日】KIN195「青い鷲」のメッセージ

PR

こんにちは、若美貴櫻です。

 

本日も、マヤ暦におけるカレンダーの意味(読み解き、メッセージ)を見ていきます。

どのようにしたらシンクロが起こりやすくなり、願いがかないやすくなるか、その秘訣をお伝えしていきます。

 

マヤ暦260日の大きな流れ

 

マヤ暦は、1サイクルが260日でできています。

この260日間を52日ずつ、5つの期間に分けて、「城」と呼びます。

52日間×5つの城=260日間 となります。

 

「城」=「ステージ」「ステップ」のようにお考えいただけると分かりやすいかと思います。

その260日は第1の城から第5の城まで、「起承転結+マトリックス」という流れで、各城に色とテーマがあります。

 

5つの城の意味
  • 第1の城(赤) KIN1~52
    2023年2月3日~3月26日
    起承転結の「起」。テーマは「誕生」「種まきするとき」です。
  • 第2の城(白) KIN53~104
    2023年3月27日~5月17日
    起承転結の「承」。テーマは「鍛錬」「洗練」「揺さぶられるとき」です。
  • 第3の城(青) KIN105~156
    2023年5月18日~7月8日
    起承転結の「転」。テーマは「変化」「変容」「何かを壊すとき」です。
  • 第4の城(黄) KIN157~208
    2023年7月9日~8月29日
    起承転結の「結」。テーマは「収穫」「熟成」「刈り入れるとき」です。
  • 第5の城(緑) KIN209~260
    2023年8月30日~10月20日
    ここはマトリックスで、テーマは「整理」「総仕上げ」「回帰」「感動するとき」です。

 

いまは、「第4の城」の期間となります。

赤い第1の城のときにまいた種を刈り入れる時期です。

 

・結実の期間
・結果を出すとき
・お金にもご縁がある

といった大切な時期になります。

 

 

この流れは私たちの「人生の地図」です。

第1の城の期間に、夢の種をまき、

第2の城で、夢が芽吹き、背丈が伸び、

第3の城で、嵐を経て強く大きく育ち、

第4の城で、夢が実現し、

第5の城で、達成したことを整理して、次の夢のために準備する。

 

 

「いま、自分がどの城にいるのか」

それがわかれば、自分の状況を客観的に見ることができます。

いま何をするときなのかが明確になり、先を見通すこともできます。

まずは、きょうの日付と、ツォルキン表でのサイクルと位置、自分に起こったできごとを振り返ってみてください。

 

 

「現代マヤ暦」「古代マヤ暦」2つのマヤ暦

 

私の方では、マヤ暦の中でも「現代マヤ暦」「古代マヤ暦」と2つの暦を扱っています。

同じマヤ暦でも違うリズムを刻む暦となります。

 

「一霊四魂」といわれ、1人の人間には4つの側面があるとも考えられているため、「現代マヤ暦」「古代マヤ暦」の両方の紋章を見ていくことでより深く読み解きができるので、自分で鑑定する際にも両方を見ることにしています。

 

日々の読み解きでも、「現代マヤ暦」「古代マヤ暦」の両方の暦を見ていこうと思います。

「古代マヤ暦」は上級者向けと思ってください。

まずは「現代マヤ暦」をしっかり意識していただければと思います。

 

 

現代マヤ暦

 

まず「現代マヤ暦」から。

 

 

 

現代マヤ暦
  • KIN:195
  • 太陽の紋章:青い鷲(メン)
  • ウェイブスペル:青い夜(アクバル)
  • 銀河の音:13

 

 

「20の太陽の紋章」を意識して顕在意識にアプローチしてみよう!

 

マヤの暦13日×20の紋章のリズムに乗ることが大事です。

20個の紋章があるので、20日で1サイクルとなります。

その日の紋章のエネルギーを意識して行動してみましょう。

 

きょうは、「20日(20の紋章)で1サイクル」の15日目です。

紋章番号15「青い鷲」の日です。

 

きょうの「太陽の紋章」キーワード
  • ビジョン
  • クールな知性
  • 戦略の目

 

 

ご参考:「青い鷲」の特徴と性格とは?

 

 

キーワードから「青い鷲の日」を体感してみましょう。

「青い鷲の日」は、以下のようになります。

  • 直観力と頭の回転の良さが出る日なので、経営や戦略を練るのによいです。
  • 自分を信じることを学んで、夢やビジョンを見ましょう。
  • 交渉事もいいです。

 

また、自分の紋章が「青い鷲」の方は、より紋章を意識して過ごしてみるとよいでしょう。

 

 

「13の銀河の音」を意識して潜在意識を動かしてみよう!

 

銀河の音も1~13まであります。

きょうは、ウェイブスペル(WS)「青い夜」の13日目です。

銀河の音13のリズムの13日目なので、「音13」の日となります。

 

きょうの「銀河の音」キーワード
  • 存在
  • 持ちこたえる
  • 越える

 

器用で忍耐力もあり何でもできるが、意思決定に迷いが生じやすいです。

自分を信じて進んでいきましょう。

 

 

あなたの紋章が入っていたら少し意識してみよう!

 

太陽の紋章から派生するキン
  • きょうの太陽の紋章:「青い鷲」の紋章の人:自分の紋章の力を発揮しやすい日
  • きょうの類似キン:「黄色い種」の紋章の人:過ごしやすい日
  • きょうの神秘キン:「白い世界の橋渡し」の紋章の人:気づきが多い日、不思議体験が起こりやすい
  • きょうの反対キン:「赤い蛇」の紋章の人:挑戦意欲がかき立てられる、学びの日
  • きょうのガイドキン:「青い嵐」の紋章の人:迷ったり考え込んだとき、方向を示してくれる日

 

ウェイブスペル(WS)から派生するキン

※13日間同じです。

  • ウェイブスペル(WS):「青い夜」の紋章の人:自分の紋章の力を発揮しやすい期間
  • 類似キン:「黄色い戦士」の紋章の人:過ごしやすい期間
  • 神秘キン:「白い鏡」の紋章の人:気づきが多い期間、不思議体験が起こりやすい期間
  • 反対キン:「赤い空歩く人」の紋章の人:挑戦意欲がかき立てられる、学びの期間

 

 

きょうのマヤバースデーの方 KIN195の有名人

 

  • 近藤勇
  • 世良公則
  • 蔡英文
  • 葉加瀬太郎
  • 小保方晴子
  • 松井玲奈
  • 片岡孝太郎
  • 小木博明
  • 中山忍
  • カジヒデキ

 

※敬称略

 

古代マヤ暦

 

また「古代マヤ暦」では下のようになります。

違うKINナンバーとなります。

 

 

 

古代マヤ暦
  • KIN:150 ※黒KINデー
  • 太陽の紋章:白い犬(オク)
  • ウェイブスペル:黄色い種(カン)
  • 銀河の音:7

 

きょうは、古代マヤ暦では、黒KINデーです。

黒KINデーは、宇宙からのエネルギーが強く流れ込んでくる日です。

やりたいことがある人は、精力的に活動し、濃密な1日にするよう意識してみましょう。

 

 

2つの暦から本日のメッセージ

 

※「現代マヤ暦」「古代マヤ暦」の両方の暦からみています。

 

1,直感が冴え、他人とは違った視点や、広い視野で俯瞰して物事を見ることができます。夢やビジョンを意識的に見ましょう。

 

2,目で見る情報が現実化しやすいので目で見ることを心掛けましょう。

 

3,要らないものを整理して、思い切って断捨離しましょう。

 

4,家族や周りの人を大事にして、感謝しましょう。

 

 

このように意識して1日を過ごしてみると、シンクロが起こりやすくなり、願いもかないやすくなりますよ!

ぜひトライしてみてくださいね♡

 

スポンサーリンク
学んでみませんか? 若美貴櫻のオンライン動画講座

現在開講中の講座は、「姓名判断&開運名付け講座」「九星気学入門講座」です。

ご興味ございましたら詳細をご覧くださいませ。

 

その他は、今後開講予定の講座です。

随時、新しい講座を開講して参ります。

 

私がオススメしているのは、鑑定士に「占いを鑑定をしてもらうこと」より、自分で「学ぶこと」です。

 

鑑定してもらっても、それは一時のその場しのぎ。

また悩みは出てきます。

そのたびに鑑定士に依頼しますか?

 

鑑定士に依頼すれば、案件ごとにお金もかかりますし、結果だけは教えてくれるかもしれませんが、全部は説明してくれない(10ある内おそらく2つか3つしか説明しない)です。

 

その点、自分で学んでしまう方が、お金もかからず、なぜこういう結論になるかという理由も分かるようになりますし、何より一生モノの知識として、この先の人生でずっと役に立ちます。

 

自分のことだけでなく、大事な家族のこと、そして友達のことも鑑定して差し上げられるようになります。

 

少しでもご興味を持たれたこのタイミングで、ぜひ学んでみる選択をなさってください。

違う人生が開けていくかもしれませんよ♡

 

1,姓名判断&開運名付け講座

 

「画数を整えたから完璧だ!」と思っていませんか?

名付けの際に重要なのは「画数」だけではありません。むしろ他の要素の方が大事です。

ビジネスネームや赤ちゃんの名付けをお考えの方にピッタリの講座です。

ご自身の手で、お名前を決めてみませんか?

 

 

 

2,九星気学(入門・基礎・中級・上級)

 

九星気学は、「動」の開運学ともいわれ、行動することで運気を上げていく学問です。

学ぶことで、お引っ越しや旅行、結婚や登記、そして相性や人間関係を良くするコツが分かるようになります。

 

 

 

3,数理占学

 

順次開講予定

 

4,四柱推命

 

順次開講予定

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事