【九星気学】五黄殺と暗剣殺(悪殺気)の意味 避けたい二大凶方位

こんにちは、若美貴桜です。

 

きょうは、凶方位の中でも特に避けたい凶方位で、

二大凶方位といわれる「五黄殺(五黄殺気)」

「暗剣殺(悪殺気)」の意味を解説していきたいと思います。

 

五黄殺(五黄殺気)方位

 

年盤でも月盤でも日盤でも、遁甲盤上で、

五黄土星が運行している方位が五黄殺方位です。

 

五黄土星は、その名の通り土の性質を持っていて、

すべての物を腐らせて土に返すという強烈な働きがあります。

 

このため、腐敗の意味を持つ五黄土星が巡る方位は、

強い凶作用を引き起こし、最悪の場合は死を招くこともある

非常に危険な方位です。

 

五黄殺方位は、万人共通の凶方位であり、

五黄土星が巡っていたら避けるべき方位となります。

 

また、五黄土星が巡っている方位の真向かいは、

必ず暗剣殺方位となります。

 

そして、五黄土星が中宮(遁甲盤の真ん中)にいるときは、

五黄殺はありません。

五黄殺がないということは、暗剣殺も発生しません。

 

五黄殺方位を取ると起こること

 

  • 大けが
  • 大事故
  • 異性関係のトラブル
  • 悪性の病気
  • 最悪の場合は死に至る
  • 精神的にも大打撃を受け、病む

 

→基本的に、五黄殺は、外側からのトラブルというより、
自分が原因となったトラブルや、自分の内側から発生する病気(腐敗)が起こります。

 

暗剣殺(悪殺気)方位

 

二大凶方位といわれるように、五黄殺と同じように、

非常に強い凶作用があり、

たとえ、本命や月命の吉方位であったとしても

凶方位になるのが暗剣殺方位です。

 

五黄殺方位の凶作用とは違います。

五黄殺方位は、自滅的に運気が下がるのに対し、

暗剣殺方位は、他人からの影響により運気が下がります。

 

暗剣殺方位は、必ず五黄殺方位の反対側にあたり、

例えば、北が五黄殺方位なら、南が暗剣殺方位となります。

五黄中宮の場合は、暗剣殺方位はありません。

 

暗剣殺を取ると起こること

 

  • 騒音トラブル
  • 相手に車をぶつけられる
  • 悪い相手と付き合って異性関係のトラブルに巻き込まれる
  • 借金の保証人になって損害を受ける

 

→基本的に、暗剣殺は、内側からのトラブルというより、
他人が原因となったトラブルや、自分の外側から発生する事故などが起こります。

 

五黄殺は「内側から起こる」
暗剣殺は「外側から起こる」

と覚えてくださいね。

 

ではまた!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事